読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話せない日だってブルーじゃない

かわいいはわたしを救う

3/3 Berryz工房ラストコンサート2015 Berryz工房行くべぇ~!

昨年のこと。
ひなフェス2014のBerryz工房メインディッシュ回を観に行ったとき、わたしはメインステージから3列目、女性専用席にいました。
蓋を開けてみればパフォーマンスが行われたのはほぼサブステージで、メインステージも真ん中ばかり使われて、
下手端(花道の前)にあった女専ブロックはすっかり蚊帳の外という感じでした。

開演前のわー近いね!やばいね!という雰囲気から、
あっという間に冷えきっていった空気を一気に温めたのはソロで研修生の楽曲である「彼女になりたいっ!!!」を熱唱した℃-ute岡井ちゃんだったのですが、
入れ替わるように登場し大きくて派手なメインステージに横1列で並んだBerryz工房のあまりの大迫力にものすごく興奮したことを覚えています。

むちゃくちゃかっこよかった。
ただ横1列に並んだだけであんなにかっこいいグループなんてそうそういない。

正直に言うとわたしの中の優先順位はハロプロでは最も低かったけれど、
たぶん心の奥底でBerryz工房はいつでもこんな風にどっしり構えて変わらない姿を見せてくれると思い込んでいた。
そんなわけないのに。


もっとしっかり応援していた人たちがラストを見届けるべきだと直前まで行く予定はなかったのですが
知り合いの方が声をかけてくださり、偶然仕事もお休みで、観に行くことが出来ました。
本当に行って良かった。Berryz工房の単独コンサートを最後に体験出来て本当に良かったです。

ひとりずつステージに登場するオープニングでいちばん初めに出てきたのがわたしのベリ内での推しメンである須藤茉麻さんで、
日本武道館のてっぺん、2階最後列から見ても、ライトを浴びて輝く長い黒髪がとても綺麗でした。

そしてそれぞれの登場を確認し全員揃って改めて茉麻ちゃんを探そうとしたとき、
無意識のうちに黒髪ショートの子を探しててあれっいない?!…ちょっと待ってさっきライトを浴びて輝く長い黒か(スッ)「ペッ!スッ!ペッ!シャ!ル!ジェネレ~ション!」






「スッ」言えなかった…
「スッ」言えなかったー!!!

まさか1曲目に初期ベリの代名詞とも言えるこの曲を持ってくるとは!
やられた!「スッ」言えなかった!(引きずってる)

そしてつい昨日のイベントまでショートヘアだったはずの茉麻ちゃんが、
デビュー以来ずっとトレードマークのように守り続けていたストレートロングに戻ってる!!
なんて粋な思いつきなんだろう!!

MCでももちこと嗣永桃子さんと「寝過ぎてこんなに髪伸びちゃった~」みたいに話してたのも可愛かった!
信念を持ってのことじゃないかもしれないけど、「昨日イベントの後に美容院行ってエクステ付けて、大変だったんだから!」みたいなことは言わない、
あくまで一晩たっぷり寝たら伸びてたていで話す茉麻ちゃんが可愛くて!

わたしは第一印象と最終的に好きになる子が変わることが多くて、
だいたいそのきっかけみたいなものはいつもなんとなく覚えてるんですけど、
茉麻ちゃんだけは全く思い出せないんですよね…
知ってから結構早い段階でベリは茉麻ちゃんだな!って思ったことは確かなんだけど…

2012年℃-uteと一緒に出した「超HAPPY SONG」で2組に別れて即売イベントが行われたとき、
わたしはベリキューそれぞれの推しである℃-ute舞美ちゃん茉麻ちゃんがいたチームの方に行ったんですけど
握手で茉麻ちゃんに「いちばん好きです!」と伝えたら「うっそー!」って返ってきたことが未だ忘れられません。

「ほんとですか!」でも「ありがとう!」でもなく「うっそー!」ですよ!
あー愛おしいーーーー
わたしは基本ナチュラルボーンあざといタイプのアイドルが好きだけど、
茉麻ちゃんに関してはあんな超絶美人でしかもアイドルという立場にいるのに、
どこか不器用さが見え隠れするところにきゅんとしてしまいます。(原因もなんとなくわかるけれども…)


2曲目の「ROCKエロティック」辺りまでは、
あぁ、始まってしまった…もう後は終わるだけだ…って考えがどうしても頭をよぎってしまうし
ふと周りを見渡してみたら老若男女がそこら中ですでに泣いてるしでわたしも涙ぐむのを必死に堪えてたのですが、
いつの間にかそんな気持ちも忘れて純粋にコンサートを楽しんでる自分が自分でもなんだか不思議でした。

21時までのシンデレラ」で衣装が早変わりするところ、ほんとに魔法みたいだったー!
みんな本当にお姫さまみたいに美しくて、とりわけりーちゃん(菅谷梨沙子ちゃん)はアップにした髪型も相まって本物のシンデレラみたいで、
お城風のめちゃくちゃ可愛いセットのバルコニーに立って「ロマンスを語って」を歌うりーちゃん、あの空間、夢のようだった。

そして予想外の、ラストコンサートで「行け!行け!モンキーダンス」ね!笑
ダッフィーみたいなふわふわの猿の着ぐるみ超可愛かったぁー。これぞベリ!って感じがした。
だからダブルアンコールがピアノver.の「Love together!」だったのすごく意外だったな。
最後はどかん!と明るく終わるんだろうなって勝手になんとなく思ってたので…

2月28日、3月1日と有明コロシアムで行われたBerryz工房祭のときからりーちゃんは喉の調子が悪かったそうで、
武道館も本編はそんなこと微塵も感じさせなかったけど、
ダブルアンコールの「Love together!」は涙とともにようやく絞り出したような今にも消え入りそうな歌声で
でも一生のうちこんなに心動かされる歌をいったい何回聴くことが出来るだろう?というくらいにとても素晴らしかった。

最後の最後にまたひとつ新しい扉を開けるところを目の前で見せてもらえるなんて。
10年以上のアイドル生活を経てもまだ20歳。
わがままかもしれないけれど、もしりーちゃんがまた歌いたくなったら…
これから待っているまだまだたくさんの扉の前に立つ姿を見られたら、こんなに嬉しいことはない、そんな風に思いました。


「Love together!」 47:00~
毅然とした笑顔で歌い終わった後に涙を浮かべる嗣永桃子さんがすごくかっこいいです。



わたしはずっとモーニング娘。のライトなファンでベリキューのことはあまり知らなくて、
ハロプロそのものに興味を持ったのはスマイレージが結成されその可愛さに衝撃を受けドハマりした2009年のことでした。
当時の最新曲だった「ライバル」のMVを楽しいなー可愛いなーって夜な夜な繰り返し観ていたので武道館で一緒に歌えてテンション上がった!


今でもいちばん好きな曲です!


Berryz工房 清水佐紀さん、嗣永桃子さん、徳永千奈美さん、須藤茉麻さん、夏焼雅さん、熊井友理奈さん、菅谷梨沙子さん、
長い間、たくさんの楽しい時間をありがとうございました。

f:id:natsuiro17:20150317025610j:plain